今こそ正念場 ~悪魔の息の根を止める時~

ページを開いて下さりありがとうございます。

「桜を見る会」については、次々と問題が露わになり、政権は追いつめられていましたが、あんなにおかしい嘘がまかり通り、国会の閉会と共にトーンダウンしていきそうです。

自分が小さい頃から、嘘をついた時はこっぴどく叱られました。幼稚園に上がるか上がらないかの頃から、怒られている場面をまざまざと思い出すことができるくらい、その都度、厳しく叱られたんだと思います。

皆さんもそうだと思います。何でバレたんだろう、と子供心に思いながら、嘘をついちゃいけないんだなと叩き込まれてきましたね。

自分が親になっても、当然、嘘をついちゃダメなんだと、繰り返し言い聞かせてきました。

安倍首相や、その取り巻き、上級国民が、嘘をつくのは、初めてではありません。
公の場で、誰もがわかる嘘を繰り返すあの醜い大人たちの頭の中は一体どうなっているのでしょう。

我々は、子供に何を教えればいいのでしょう。

この世の中には、嘘がいっぱいあること、いや、嘘ばかりなんだと、RAPTブログを読んで知りました。それは衝撃的で、絶望的でもありましたが、有料記事を読んでみれば、その理由も、どうすればよいかも、わかりました。そのシンプルな解き明かしこそこの世の全てなんだと、ここまでずっと記事を読み続け、配信で御言葉を聞き続けています。

RAPTさんは、先に先にと状況を教えて下さり、我々は、巻き込まれないように、俯瞰することができています。

それでも、ここのところ、もういい加減にして欲しいとドンヨリしてしまいます。

では、RAPTさんの伝えて下さる御言葉を知らない人達は、一体何を思っているのだろう。

この危機的状況をわかって声をあげている人達。考えれば考えるほど、不安もよぎるのではないでしょうか。誰が見たって、地獄の底へ突き進んでいるのがわかりますから。

生活のためひたすら働き、状況に気づかない、言い方は悪いですが既に李家の奴隷となっている人達。殆どの会社員の方々も含まれますね。今は、それなりの自由を与えられている奴隷ですが、これからは物理的にも奴隷状態になる可能性が見えてきます。戦争や戒厳令下、災害や疫病の蔓延などの非常時など、いつ起こしてもおかしくない悪人達が日本を支配していますからね。

RAPTさんは、2016年6月19日に、神様から、これからサタンを滅ぼすとご啓示を受けられました。
RAPT×読者対談〈第102弾〉天皇の生前退位のカラクリ。

この時は、今のように毎日ご啓示を受けられるようになる数ヶ月前でした。

神様がRAPTさんが昼夜問わずに長い間お祈りされてきたことを聞かれ、悪を滅ぼすことを決められたんだと、希望が湧いてきました。と同時に、どうやってなされるのだろうと思っていました。

それから1ヶ月して、天皇の生前退位でした。高齢だからなどと理由をつけ、呑気な国民はそのまま受け入れましたが、背後では相当な争いがあったはずです。天皇は「象徴」なのですから、高齢がご公務に差し支えることもあるでしょうが、退位する必要はないでしょう。本人は既に認知症でしょうから、天皇霊が下りてこなくなったのかもしれません。天皇を神として崇めようとする勢力がいますから、認知症なんてこっぱずかしくて、言えないでしょうが、皇室の影武者は周知の事実になってきましたし、ボケようが、加工などで誤魔化せるのに、それをしないのは、やはり、天皇は引きずり降ろされたのでしょう。
我々には知らされることはない、巨大な勢力同士の争いがあったのでしょう。

それから3年半、世間でも、RAPTさんの周りでも、沢山の悪が明るみに出てきたことは以前お伝えしました。
神様の歴史はうごいている

現実のニュースでも勧善懲悪のストーリーなど見ることはなくなりました。悪を監視する、裁くべき人がいません。警察も、検察も、司法も、国税も、、、。政権に群がる政治家も、官僚も、財界人も口から吐くのは嘘ばかり。
悪に立ち向かう、清廉潔白な人、誰かご存じですか。

これだけ平然と悪がまかり通り、国家全てを私物化している李家の安倍晋三首相や、黒幕麻生太郎副総理のドヤ顔を見ていると、庶民になすすべはないのだろうかと絶望的になると思います。

でも、悪人がもはや、自分が悪人であることを隠すこともなく、嘘を喚き散らすのは、実は彼らの企みはうまくいっていないことの現れでもあるのです。

明治維新という田布施のクーデターから、李家の一族は、うまいこと、ずっと悪事を隠して、日本人を騙し、食い物にしてきましたが、それがもうできなくなっています。やればやるほど、悪事がバレるようになってきましたね。そして、彼らの、人間というより、悪魔そのものである異様さは、多くの国民の知るところになってきました。

未だ、彼らはあがき続け、更に国民から吸い取れるものを全て吸い取り、最後は奈落に蹴り落そうとしていますが、ここで、希望を失って、やる気をなくしてはいけない時なのです。

「神様は今こそ悪を裁かれる」時です。私達は長い間知りませんでしたが、自分の周りに、生まれ育った日本に、どんな悪人がいて、どれほど当たり前のように悪が蔓延しているかを見せて下さっています。

そして、その悪や悪人にどう立ち向かえばいいのかをRAPTさんを通じて、沢山の御言葉を私達に伝えて下さっているのです。

人間の力でもできることはあります。情報拡散にデモや集会。香港やフランスなどのような大きなデモが起これば、日本人にしては画期的ですね。そのように目に見える形で訴えることも大切ですが、そのデモを逆手にとられ、憲法改正に、戒厳令を敷かれ、弾圧され、更に奴隷生活真っ逆さま、の気もしてきます。

聖書に書かれている唯一の神様は、ず~っと、天地創造の最初の頃から、ずっと、人類が神様という存在に気づくことを待っておられました。色々な時代ごとに、神様を信じる人が現れ、導かれてこられましたが、それは長続きしていません。

目に見えない神様や、神様に反逆している悪魔の存在を信じることは、難しいことかもしれません。でも、なんだかんだ言って、神社仏閣に行ったことがない日本人は少ないと思いますし、誰でも、心のどこかで、見えない存在に対して、自分の願いを打ち明けたことがあるのではないでしょうか。

今、この悪がはびこっている世界から抜け出るように導いて下さっています。不安や、心配や、孤独、恐れなど、何もいらない、目を覚ましなさいと呼びかけて下さっています。

きちんと世の中のことを見ている人ほど、今の日本の状況がいかに危機的かわかっておられるでしょう。自分ひとり逃げおおせればいいと思わない人は、心を痛めていることでしょう。

ここが正念場です。
神様が、悪を滅ぼすと決意されているこの時に、私達も神様の力に頼って、沢山お祈りする時です。もちろん、RAPTさんにご啓示を与えられている、聖書に出ていらっしゃる唯一の神様に対してです。

RAPTさんの御言葉を聞いている私達は、悪人が暴れて大変なこの時ですが、心を一つにして、お祈りしています。

御言葉を聞いているもの同士、話したことも、会ったこともありませんが、ただひたすら、神様のため、RAPTさんのため、人類のため、そして兄弟姉妹のためにお祈りしています。

神様がここまで誰よりも頑張って、人類を導いてこられました。これほど長い間、救って下さろうと努力されてこられたのに、それでも、人類が神様を知ろうとせず、祈ろうともしなければ、いい加減、神様は人間のそばから去って行かれてしまいます。その後は、未来永劫、悪魔が人間を好き勝手に食い物にするでしょう。

そんな大事な時に、私達は生きているのです。
知らなければ一生気づくこともないでしょう。
それでも、このブログを読んで下さる方、またRAPTさんの記事に辿り着いた方々は、せっかくのチャンスを頂いたのです。

本当のことに気づきなさい。真理に目を開きなさいと。

神様の声がどうぞあなたに届きますように。

尊いRAPTさんの有料記事、御言葉をどうぞお読みになって下さればと思います。

朝の祈り会、および有料記事のパスワードのご購入

RAPT有料記事12(2015年9月28日)サタンの起源と由来。

RAPT有料記事81(2016年7月2日)この世に悪が満ちあふれたとき、神様の厳しい裁きが本格的に始まる。

RAPT有料記事115(2016年10月29日)神様はどこまでも公正公平な方だ。

RAPT有料記事126(2016年12月5日)捨てるべきものを捨てること、世界のために祈ることの重要性。

RAPT有料記事141(2017年1月28日)サタンの最後の悪あがきが始まる。

RAPT有料記事147(2017年2月18日)最後まで戦わなければ、サタンの勝利で終わる。最後まで戦い抜いてこそ、あなたたちの勝利になる。

RAPT有料記事151(2017年3月4日)あなたたち義人が公正な裁きを求めてこそ、この世に公正な裁きが行なわれる。