出来レースだった都知事選 ~もはや民主主義ではない~ 

カルトの候補者が並んだ都知事選から国民の目を反らすかのように、九州から異様な豪雨が続き、甚大な災害となっています。

容赦ない濁流を前にするその心中を思い、どうか早く収まるように、元の生活に戻れるようにと願っています。


さて、生長の家・大本教が勢ぞろいした都知事選も、あっけなく終わりました。

こちらから

敗戦の会見で、笑っている候補者の方々。随分和やかだったのは、所詮出来レースであるとわかっていたからなのですね。

今回、これ以上ないくらい、不正選挙であることがはっきりとわかりました。

次のグラフは、2020都知事選の候補者別の得票数(千代田区~江戸川区まで)で、その下の歴代の都知事の得票数のグラフと全く同じ形となりました。

こちらから
Image
Image


私も、2020年の小池百合子の得票数を、西東京市までをグラフにしてみましたが。。。絶句しました。

得票数のデータはこちらから。

そのまんなやないかい。

昨今、ネットでも暴露されてきたので、さすがに変わるだろうと思いましたが、庶民を嘲笑うかのような結果となりました。

これを不正選挙と言わずして、何と言うのでしょう。

皆さんはどう思われますか。

どこまで都民を、庶民を、国民を欺けば気が済むのでしょうか。

ここまで馬鹿にされているのですよ。

やっぱり目くらまし?首里城火災 でお話しましたが、首里城火災の当日、 外国特派員協会 で、 籠池泰典氏が “森友問題の裏側” について会見を行いました。

この会見が注目されないように、首里城火災を起こしたのではとお話しました。

在日の李家(ユダヤ人)の悪人たちは、自分達の悪事を隠すために、別の事件を起こすことが常套手段だからです。例えば、Kawataさんの京アニの記事もご覧ください。

「KAWATAとNANAのRAPT理論」【京都アニメーション放火事件殺人事件の真相】安倍晋三の加計学園に関する汚職収賄容疑の隠蔽のためだった!!


籠池泰典 氏の会見もマスコミで取り上げられることはありませんでしたが、その中の爆弾発言の一つに、「不正選挙」についてがありました。

“森友問題の裏側” 外国特派員協会で会見(2019年10月31日) (こちらから)

「法治国家であるから、我が国の選挙制度についても。 本来、手で開票されておりましたが、今はムサシという機械が使われている。ムサシの 筆頭株主は安倍晋三さんだと聞いていますし、竹中平蔵さんがそのプロデュースをしたと聞いておりますが、 ムサシによって、自動集票することによって、不正が行なわれやすい状況になっている」(1:13:40頃)

「日本の民主国家と言われている選挙制度の中では、暗黒的な開票が行われている、ということです。本当の結果が出ているんだろうかと認識している。国際連合にでも監視にきて頂いて、あるいは民間人が一つの集票所に2,3人は張り付いて、本当に集計が出来ているのかどうかを見極めて頂きたいと思っている。」

このように、今は、切られたトカゲの尻尾ですが、かつては安倍首相に近かった人の発言ですから、その通りなのでしょう。

【不正選挙の証拠1】:都知事選、2011年石原候補、2012年猪瀬候補、2014年舛添候補の選挙区別得票数のグラフ(こちらから)

不正選挙や、 不正開票マシン・ムサシ については、RAPTさんが随分前に記事にされていますので、どうぞご覧ください。

不正選挙こそが天皇家と創価学会の権力の源泉。創価学会が消えてなくなれば、天皇の権力も自ずと消えてなくなるでしょう。 ( 2014.11.26 )

彼らは、不正選挙がじわじわとバレようが、同じことを繰り返しています。

「どうだ。不正選挙だろうが、奴隷には何もできないだろう?」と今までは嘲笑ってきたように見えますが、今は、バレる嘘しか思いつかない思考力の低下にも思えます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-13-644x457.png です
こちらから
Image
こちらから

開票立会人の方によると「ハングルの票が有効票」だったとのこと。

まさに、在日・李家のための選挙なわけですね。

庶民にバレようがお構いなしの異常事態です。

その異常は、天候も同じです。

気象予報士すら予測不能な大雨だそうです。そんなわけはないでしょう。

人工地震が起こせるように、人工の気象の操作も可能です。

しかも恐ろし気な大がかりな仕組みではなく、空中散布などによってできることです。


HAARPという大嘘。気象操作は高度な科学技術ではなく、極めて原始的な方法で行なわれている。

こちらから
こちらから
こちらから
こちらから

人工的に災害を起こしてどうするのだ、と一般人には理解できないことですが、この国の支配層である、在日の李家(ユダヤ人)が、私達を欺き、立派な人間を装いながら、その裏ではどれほど悪事を行ってきたかは、もう充分にご覧になったことと思います。

で、まだまだ進行中です。

都知事選一つにとっても、はっきりわかりましたね。

どれほどの悪人なのか、一般人には、全く想像ができない世界です。

「そんなこと、あるわけがない」という空しい思い込みを捨てないといけません。

彼らは、聖書の神様ヤハウェに反逆した悪魔を拝み、悪事のし過ぎで、もはや悪魔そのものになっているのです。

こちらから
こちらから
こちらから
Image
Image


RAPT×読者対談〈第46弾〉人工地震3.11の目的は、天皇家による福島遷都に向けての土地の強奪。

「麻生太郎」こそ人工地震「3.11」と「熊本地震」を起こした主犯格である可能性大。

自分たちが狂信するカルトの世を実現するために、あらゆる手を使います。

人工地震、原発事故、人工降雨、そして、今年は、コロナパンデミック。

彼らは嘘に嘘を重ね、私達を騙してきましたが、今となっては、次から次へと暴かれるようになりました。

彼らの本性を知っても、どうすることもできないのではないか。そんなことはありません。

あまりに悪人過ぎて、現実逃避したくなり、気を紛らわしたくなると思いますが、ここで泣き寝入りしては、イルミナティの李家の思う壺。

今、悪を滅ぼそうと、大きく力を注いで下さっている神様に縋って、もっともっとこの地に神様の力が注がれるように、お祈りする時です。

どのようにお祈りするのかについて、RAPTさんが一般記事の中でもお話されているので、どうぞご覧になって下さい。

私たちが黙って見ているだけでは神様が悪人を滅ぼすことはありません。善良な人たちの祈りが何よりも必要です。

何をどう祈ればいいのか、具体的な方法をお教えします。自分の人生も世界の運命も変える鍵がここにあります。

RAPT×読者対談〈第104弾〉誰でも世界を変えられる

動画 Youtube 一覧 ( こちらから)

悪がまかり通り、悪が君臨するような世の中はもう終わりにしましょう。

もう沢山です。

ずっとずっと、庶民は何も知らずに、悪魔を拝まされ、騙されて、搾取され、苦しめられてきたのです。

この最後の時に、神様の考えを伝えることができるようになるまで、RAPTさんが成長され(次元をあげられ)、私達は、今、ものすごい量の御言葉を聞かせて頂いています。

これは奇跡なのです。

どうか一人でも多くの方が、悪の支配に気づいて、聖書の神様ヤハウェを呼び求めますように。

そして、RAPTさんの伝えて下さる力強い御言葉をどうぞお聞き下さればと思います。

朝の祈り会、および有料記事のパスワードのご購入

RAPT有料記事79(2016年6月25日)サタンを完全に滅ぼし、神様から正しい啓示を受けるには。

RAPT有料記事80(2016年6月27日)聖霊の恵みと力を受けて生きる。

RAPT有料記事129(2016年12月17日)この世に働く悪の法則と善の法則。

RAPT有料記事145(2017年2月11日)この終わりの時こそ、最も豊かに聖霊を受け、最も豊かに祝福を受けられる期間だ。

RAPT有料記事151(2017年3月4日)あなたたち義人が公正な裁きを求めてこそ、この世に公正な裁きが行なわれる。

RAPT有料記事161(2017年4月8日)この時代に神様の遣わす中心人物は、聖書の封印をすべて解く人だ。

RAPT有料記事188(2017年7月10日)心の清い者は聖霊の宿る体となり、罪ある者はサタンの宿る体となる。