ワクチンの真のねらい ~悪魔崇拝の極意~

ワクチン接種ゴリ押しキャンペーンが、恐ろしい展開を見せています。

オリンピックにむけては、選手団へのワクチン接種が始まり、本番では観客にも「ワクチン接種証明」がなければ、1週間以内の「PCR陰性証明」を出させる方向で検討中とのこと。

【ワクチンパスポートへの布石か】東京五輪の観客に「PCR陰性証明」求める

さらに、政府は、職場での接種も呼びかけ、JALや伊藤忠、明治生命では、21日から接種を開始、ANAやJR東日本,日産,ホンダなども検討中であり、この流れを広めるのでしょう。


岡山県では、小中学生にも接種を開始するそうです。

岡山県がイルミナティにとって、重要な県であることは、RAPT理論で暴かれていますが、
RAPT×読者対談〈第81弾〉ジョン・タイターが予言した三つに分断された日本。

その岡山県がいかに創価に汚染されているかは、以下の+αの記事をご覧ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-7-644x636.png
こちらから

小中学生,高校生に、ワクチン接種をすすめるとは正気の沙汰ではありません。


COVID-19は未知のコロナウィルスとして登場しましたが、日本の患者第一号が1月15日に見つかって約1年5か月が経過、恐ろしい病気でないことは、誰でもわかるはずです。

皆さんの周りで、どれだけの方がコロナでお亡くなりになりましたか?

PCR検査で陽性と出て、治療して、入院した方、治らなかった方がどれだけおられましたか?

猫も杓子もPCR検査を受けることができるようになったので、陽性と出た人は周りにもいらっしゃるでしょうが、何度も言いますが、喉の粘膜に張り付いているので陽性と出たのであって、感染したこと、ましてや病気を発症したことを特定しているわけではありません。

しかし庶民が妄信しているテレビで、朝から晩まで、コロナ~PCR~ワクチン~と医者や政治家がこぞって連呼しているので、洗脳されるがまま、他の意見を聞こうとする耳はなくなってしまいました。


2019年、日本では、約138万人の方が亡くなりました。 色々な病気に、不慮の事故、老衰など様々な死因です。

例えば、ちょっと寒くなると風邪をひく人も多くなりますが、「かぜをこじらせ」ると、 気管支炎や肺炎になります 。 高齢者や疲れなどで免疫の働きが低下していると、風邪から始まった肺炎が命取りになるわけで、その肺炎では、約95000人が亡くなっています。

ついでに、他の呼吸器系の病気を見てみると、肺気腫や慢性気管支炎などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)では約17000人、 高齢者に多い誤嚥性肺炎 では約40000人も亡くなっています。

新型コロナウィルスにより亡くなった方は、累計で、13048人(6月1日時点)です。

一方、例年猛威を振るうインフルエンザは、2020-2021シーズンには流行しなかったとのことで、3/7を最後に発表もしないそうです。発表があった最終週では、たったの26人とのこと。

【インフルエンザ 今季の患者数はわずか26人】

インフルエンザが流行らなかったのは、消毒やマスク着用などの予防を徹底したためと言われますが、似たような症状のインフルエンザを新型コロナに感染として扱った例が多いと見ています。

新型コロナ患者の診療を行えば、慰労金として、医療従事者に20万円の補助があるなど、コロナ対策への補助金は棚からぼた餅、美味しいでしょう。

もちろん、現場の医療従事者のご負担や心労は大変なものなので、補助金は結構なのですが、本来必要のない税金の無駄使いです。

医者でない私でさえ、コロナパンデミックは茶番だとわかるのに、頭のいいお医者さんが気づかないわけがないと思いますが、そもそも、基本的には人が病気でないと食いっぱぐれる職業ですからね。製薬会社もですね。


それでも、声を上げられている善意あるお医者さんが沢山おられます。

—————————————————(以下こちらから転載)———-

【コロナは茶番】ついに勇気ある医師達が動き出しました。嘘つきメディアの言葉に恐れないでください。
🟥以下は現役医師たちの真実の言葉です 🟥
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「メディアが恐怖を異常に煽っている。一年以内のワクチン開発などありえない。新型コロナウイルスは人工的に作られたのではないかと思われるフシがいっぱいある」
🟢ノーベル賞・大村智博士(月刊致知)🟢

「コロナによる被害は、ウイルスによる病気や死亡よりも、特に子ども達の精神に対する害が最も大きい。子どものマスクの着用により、身体、行動、学習、情緒のすべてにわたって非常に多彩な障害(副作用)を認めました」
🟢本間真二郎医師🟢

「PCRは諸悪の根源。コロナは人災である。指定感染症から外すか5類へ。コロナは分子構造、免疫特性、臨床症状まで非常に詳しく分かり既知のウィルスになった。インフルエンザワクチンとコロナワクチンは決定的に違う。打つ必要無し。遺伝子改変と同じ医療行為で10年20年経たないとわからない。1回打ったら元に戻せないワクチン。生涯にわたり自己免疫疾患的な副作用を持つ可能性あり」
🟢大阪市立大学名誉教授・井上正康氏🟢

「マスクは新型コロナに対抗するための免疫力を低下させます。免疫力の源泉が呼吸にあるからです。マスクをすればするほど免疫力を低下させて自分を新型コロナに感染しやすくしている」
🟢帯津良一医師(週刊朝日)🟢

「非常事態宣言・外出自粛は2 度と繰り返すべきではない」
🟢慈恵医大・大木隆生医師🟢

「毎年1000万人以上がインフルエンザに罹患して、患者は冬季に集中しているのに「インフルエンザの流行で医療崩壊」は絶対に起こりません。新型コロナは1年かかって死者は2000人に到達しないただの風邪です。1ヶ月で3000人を殺すインフルエンザの比ではありません。ただの風邪を2類という「ものすごい感染症」扱いして軽症者も入院させ、その結果、「ベッドが足りなくなる」⇒「コロナ以外の重症患者を入院させられない/通常の手術ができない」⇒「医療崩壊だ」と騒ぐのはあまりに頭が悪すぎませんか?これは「医療崩壊」ではなく「医療、阿呆かい?」ですよ」
🟢新井圭輔医師🟢

「世界一のベッド数で欧米の100分の1の患者数で崩壊させたら世界からどう思われるだろう?日本人にとってコロナの致死率はインフルエンザ以下であることが明らかだ。死亡するのもほぼ持病持ちの高齢者で、インフルなら少なからず重症化する子どもはほぼ重症化どころか発症すらしない。それでインフルその他多くのずっと怖い感染症を減らしてくれたのだ。こんなに優しいウイルスはない。この冬は恐らく、歴史上最も感染症的に安全な年の一つになる。それなのに、なぜ自粛する?経済を止める?インフルが大流行した一昨年まで、自粛したか?経済を止めたか?人にマスクしろと言ったか?」
🟢石井仁平医師🟢

「PCR陽性者=感染者ではありません。PCR検査をやり続けた場合、永久にゼロにはならず、この騒動はいつまでも収束しません。今回の騒動は考えれば考えるほど疑問だらけです」
🟢藤原紹生医師🟢

「マスクをして会話をする事で微生物の受け渡しができずに免疫を上げる事が妨げられ、余計に感染しやすい身体になってしまいます。子供たちにマスクをさせているのは馬鹿げている。医療機関や学校などでPCR陽性者が出た時に全員に検査をして複数の陽性者が見つかるとクラスターだと騒いでいますが、無症状の陽性者を見つけても誹謗中傷の的を増やしているだけで、どうして風評被害を拡げようとするのか理解できません。経済を落ち込ませ、人々の心を荒ませ、相手を信じられなくするような社会を作り、コロナ死亡者以上に非感染者の自殺者を増加させて、どうして平気で居られるんでしょうか?もうそろそろこの茶番を終わらせてもらえないでしょうか?」
🟢金城信雄医師🟢

「食事中にマスクを付けたり外したりしろなんて言うのはナンセンス。感染の基本がわかっていない。無しです。心筋梗塞で亡くなったのに、コロナ陽性であればコロナで亡くなった、としている現状にはものすごく不満を抱いている。医師が付けた病名、死因を覆すことはあってはいけないと思う」
🟢後藤礼司医師🟢

「PCRという当てにもならない検査で「陽性になった人」の数を、「感染者」とすり替えて虚偽報道していますが、これは犯罪です。PCR陽性者を感染者だと言って、しょっぴいて隔離処置にし、職場にまでガサ入れする。これは重大な人権侵害、営業妨害です。マスクも感染を防御する効果は全くありません。効果がないだけならともかく、マスク長期着用は有害で危険です。慢性的な低酸素血症を引き起こし、免疫力低下をもたらします。さらにマスクに付着した細菌や真菌、ウイルスで逆に不潔で感染のリスクが高まります。また、装着2時間後から記憶を司る海馬の細胞が死に始め、長期着用で認知症や子供の発達障害の危険が出てきます。人の表情が読み取れないことから小児には重大な精神発達障害、コミュニケーション障害も懸念されます。三密を避け、寄るな、触るな、こもってろ。これも嘘です。「新しい生活様式」とやらは、免疫を低下させ、さっさと死んでもらうための様式としか言えません。」
🟢小林有希医師🟢

「日々繰り返される報道の偏りと嘘。未だに陽性者数を報道する時に検査件数は報道しない。「陽性」と「感染」と「発症」は違うと医学部で教わったが、指摘する人は少ない。あまりに質の悪い報道が多い。本来ワクチンは治験を含めて開発に10年以上かかるのに、たった半年でできたと言っている。何年も前から準備していたか安全性が確認できていないものを垂れ流すか、どちらかしかないだろう。安全性が確立されていないものを患者さんに打つわけにはいかない。私自身も打たないと決めている」
🟢正木稔子医師🟢

「マスコミは、どこでクラスターが発生したと、連日施設名、学校名など出して報道していますが、それでどれほど傷つく人がいるのか、無責任なものです。クラスター!とレッテルを貼られて報道されてしまうのは非常に疑問です。決して犯罪者ではありません。さらに、国や専門家から「気が緩んでいる!」などと上から目線で言われるのは、あまりに不愉快です。そのような報道には惑わされず・振り回されずに、心身の安定を図るような日常を心がけましょう」
🟢武田恒弘医師🟢

「「陽性」イコール「感染」とは、絶対にならない」
🟢船木威徳医師🟢

「接種する意味のあるワ苦チンは一本もない。ワ苦チンには様々な有害物質が含まれている」
🟢中村篤史医師🟢

「健常者のマスク常用は無意味どころか、かえって感染拡大に加担したり、健康を害するリスクが明確」
🟢整体師・西田聡先生🟢

「ワクチンは難病奇病万病の原因です。打ってはいけません」
🟢石川眞樹夫医師🟢

「第3波到来と大騒ぎをしている背景にはPCR増幅回数のトリックがあります。無症状や軽い風邪の人にいきなりPCRを実施し、増幅を40回以上繰り返し「コロナ感染者」と診断しているのが現状。人類がかつて接種されたことのないDNA・RNAワクチンだけに、免疫系の暴走や遺伝子異常など何が起きるか分かりません。打つな!新コロナワクチン」
🟢高橋徳医師🟢

「ウィルスや細菌などが付着したままの同一マスクの常時着用は、感染のリスクを高めてしまうという極めて当たり前の考え方が、感染症専門家が何故できないのか不思議。マスク着用は、感染を逆に広げ重症化の要因になりうる。感染状況が一旦収束してから、第2波防止のためマスク着用を義務化した多くの国で感染者数が逆に増えています。」
🟢竹林直紀医師🟢

「風邪のワクチンは変異するから作れないとわかっている。詐欺にしか見えない。副反応以前の問題」
🟢萬田緑平医師🟢

「PCRはあまりに不確定な検査。これ以上継続したら世界中の皆様が地獄へ向かうことを警告させていただきます」
🟢小峰一雄医師🟢

「感染者が増えていると言う嘘を垂れ流し、自粛させ、経済悪化を招き、倒産者、解雇者、自殺者を増やすのか?犯罪でしかない」
🟢杉田穂高医師🟢

「「新型コロナを「指定感染症」から外すことである。「ただの風邪」である若年層には明らかに過剰な措置だ。数日で回復する軽症の感染者であっても入院隔離となり、病床が埋まる。その結果、医療関係者の負担が過多になり、本当に医療措置が必要な高齢者や基礎疾患を持つ人のための医療体制が崩壊に向かいつつある」
立命館大学政策科学部🟢上久保誠人教授🟢

「症状がない限り、マスクをしても意味がない。マスクで息苦しくなると肺炎のリスクが高まります」
🟢伊達伯欣医師🟢

「再自粛・社会的距離・三蜜回避は不要。ウィルスとの共存を」
🟢上久保靖彦教授🟢

「「予防接種をしていると発症が軽く済む」という話ですが、予防接種の原理は抗原抗体反応です。医学生理学的に1対1対応です(鍵と鍵穴)。ということは防げる vs 防げない(ドアが開く vs 開かない)だけになります。発症した時点で予防接種は無効だった証とも言えるでしょう。故に、軽く済むということはない訳です。軽く済んだのは、貴方の免疫力のお陰様に他なりません」
🟢田中佳医師🟢

「PCR検査を行うこと自体に意味がない。このような検査で確定診断しているのはもはやファンタジーやオカルトの世界の話」
🟢松本有史医師🟢

「マスク・過剰殺菌・引き篭りは免疫力を下げ、病氣を増やす」
🟢Dr. Dan Erickson 🟢

「酸素欠乏は永久的な神経障害を引き起こし、あらゆる臓器にダメージを与えます。子供や思春期の子供にとってマスクは絶対に禁物。酸素欠乏は脳の発達を阻害し、その結果として生じたダメージは元に戻すことができません」
🟢マーガレットグリーズブリッソン博士🟢

「無症状感染など無いことが証明された」
🟢ロバートケネディ氏🟢

「コロナ茶番劇は、完全なる事実無根の大衆的ヒステリーであり、メディアと政治家による扇動。極悪非道。過去に類を見ない正直な一般市民への最大の詐欺行為。コロナは、エボラでもなくサーズでもなく特別な対策は何もいらない。マスクも社会的距離もまったく意味が無い。PCR陽性は感染を意味しない」

————————————————-(転載ここまで)——–

「 心筋梗塞で亡くなったのに、コロナ陽性であればコロナで亡くなった、としている現状にはものすごく不満を抱いている 」、「 無症状や軽い風邪の人にいきなりPCRを実施し、増幅を40回以上繰り返し「コロナ感染者」と診断しているのが現状 」などなど。

PCR検査が陽性であれば、死因をコロナにすることで、政府も病院も、ウィンウィンなのでしょう。増幅を多く設定することで、陽性の結果も出やすいですね。そして、新型コロナウィルスによる死者が増えるわけですね。

声をあげられているのは一部でしょうが、これだけの専門家が、おかしいと言っておられるのですから、我々も、身の回りで実際に起こっていることも照らし合わせ、自分でよく考えることが大切です。


ちなみに、上記記事に、 「非常事態宣言・外出自粛は2 度と繰り返すべきではない」 との 慈恵医大・大木隆生医師 のコメントもありますが、この先生は、つい先日、大規模ワクチン接種のために神戸に到着して、速攻宴会をしてSNSにあげる、コロナ茶番を煽る先生なので、誤解なきよう。

こちらから

本当に呆れた医師の面々です。

新型コロナも無症状が多いわけですから、健康な人であれば、自分の免疫の力で退治できる、その程度のウィルスです。

免疫力の低下した人々にとっては、巷で流行る風邪のウィルスでさえ要注意で、さらにインフルエンザウィルスもあり、新型コロナウィルスだけが特別怖いわけではありません。

高齢者にとっても、つまずいたり、転んだりの大腿骨骨折や、喉に詰まらせるなどの注意事項は沢山ありますね。

要は、庶民に、マスクしろ、離れろ、黙ってろ、などと奴隷のようなスタイルを押し付けたり、緊急事態宣言を多発するようなウィルスではありません。


本当にマスコミは悪魔的です。RAPTブログを読み始めてから、それは承知していますが、このコロナの茶番を煽り続け、ほくそ笑んでいるテレビに関わっている人達は、どれだけ悪魔なのかとウンザリします。

少なくともテレビを消していれば、ここまで、洗脳されることはなかったでしょう。

ほとんどの人に影響を与えないウィルス、と言うか、その存在すら誰も定義できない架空のものを恐ろしいとでっち上げ、庶民を抑え込み、その裏では、人々を倒産・廃業に追い込み、土地を買い占め、法の改正を進め、創価学会・李家などのユダヤ人達は、日本の乗っ取りを進めています。

そんなこと大っぴらにはなりません。

RAPT氏は、早々と、コロナパンデミックは創価学会が引き起こしたと暴かれましたが、本当に、創価学会(中国共産党)による乗っ取りが着々と進んでいることがわかります。

まだご存じない方は、「RAPT理論 +α」の記事をどうぞご覧ください。

【京都は創価に乗っ取られた】京都の全ての公立校でiPadの自主購入が決定 創価企業アップルへの利益誘導に波紋広がる

【土地規制法案】国家ぐるみの土地の乗っ取り、集団ストーカー行為が可能となる法案が衆院本会議で可決

【中国共産党スパイのリストがリークされる】やはりコロナ茶番は創価と中共によって起こされていた

私にとって京都は観光で訪れた程度ですが、これだけ創価の浸食があるとは、実に恐ろしいことです。


進行している土地の買い占めや乗っ取りなど、目を光らせていなければなりませんが、やはり今近々に迫っている最大の危機はワクチン接種です。

パンデミックを起こし、これがやりたかったんだろうなぁ、とひしひしと感じています。

既に85人が死亡、ファイザーのワクチンによる副反応は既に7298件が出ています。

【壮大な人体実験】ワクチン接種後に85人死亡 厚労省「現時点で重大な懸念はない」

こちらから
Image

こちらから

こちらから

厚生労働省のサイト   新型コロナワクチンの副反応疑い報告について

予防接種法に基づく医療機関からの副反応疑い報告状況について
(令和3年2月17日から令和3年5月16日報告分まで)

上記のファイザーのワクチンの報告症例一覧では、7298例の副反応が報告されています。

治験データの一覧ですね。


死亡事例は、上記データ(5月16日まで)の55件に、さらに30件増え(5月21日まで)、85例です。( 新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要 )

こう言っている間も、もっと増えているのでしょう。

以下のトマスチャンネルさんでは、わかりやすく85例をまとめられています。

【厚労省公表】コロナワクチン接種後の死亡事例まとめ。 (youtube)


今や気がふれたとしか思えないような、ワクチン接種の強制が始まっています。

オリンピックを開催するために、 やってる感を出して国民を納得させないといけない。

ワクチン確保のために6714億円を使っているので、接種を進めないといけない。

ワクチンの治験のために協力しなければならない。

奴隷管理社会実現の第一弾としてワクチンパスポートの導入を進めなければならない。

NWO実現のために人口削減を進めていかなければならない。


どれも、日本を支配しているユダヤ人(李家、創価学会)たちの目論見でしょうが、知る人ぞ知るワクチン接種の究極の目的が見えてきましたよ。

またRAPT理論により、暴かれたのです。


子育て中に、よりよい教育を求め調べていると耳にすることがある「シュタイナー教育」。

その教育思想を生み出したオーストリア出身のシュタイナーは哲学者・神秘思想家(神智学・人智学)として活動していました。

「神智学」「人智学」も悪魔教 であることは、すでにRAPTブログで暴かれていますが、
RAPT×読者対談〈第85弾〉江原啓之・美輪明宏から始まったスピリチャルブームもすべてはルシファー信仰。

その、実は悪魔崇拝者であるシュタイナーが、「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」と、悪魔教の奥義を語り、「ウイルスの作り話は、人々をコントロールするために、実に便利な手段である。」と、ウィルスの存在も否定しています。

詳しくは、以下の、+αの記事をお読みください。


またRaptさんのインスタでも、対談されているので、ぜひご覧ください。

上記Raptさんのインスタの記事を抜粋します。

——————————–(以下こちらから転載)—–

実際に、彼の言った通り、現代の人々は精神や魂について話すことを恥とするようなところがあります。

現代の人々は、実際に精神的なもの、霊的なものを余り知覚できず、ほとんど意識せずに生きていますが、そういったこと全てがシュタイナーの言った通り、本当にワクチンのせいなのでしょうか。

私自身、神様を信じることで喜びと希望をもって生きていますが、霊的な存在を実際に肌身に感じられるからこそ、神様の存在を信じるようになりました。

しかし、現代人の多くが霊的なものを感じることができませんし、霊的なものを感じることができないと、神様を信じようにもなかなか信じられないというのが実情でしょう。

イルミナティはキリスト教を破壊し、人々が神様を信じないように誘導してきましたが、彼らはワクチン接種によって、そうやって人々を無神論者にしてきたのでしょうか。

だとしたら、彼らの計画はかなり成功していると言わざるを得ません。

イルミナティが今、コロナワクチンを必死で打とうとしているのも、単に人口削減のためというより、現代人に神様を信じさせないようにすることが最大の目的なのかもしれません。

しかも、シュタイナーの言葉が本当なら、彼らはこれから人工知能の下で新しい悪魔崇拝を普及させ、それによって人類の心情や精神、倫理・道徳の価値観まで破壊しようとしているということになります。

だとしたら、余りにも悪魔的であり、彼らの精神を疑うしかありません。

————————————-(転載ここまで)———–

シュタイナーは悪魔崇拝の、また霊的なものの専門家と言えるので、彼の言っていることは一理あると思えます。


こちらから
Image
Image


霊的なもの(悪魔)と繋がることによって、 「松果体」の重要性、人間らしさをなくすための「松果体の破壊」についての霊感を受けていたのではなかろうかと思えます。

悪魔にとって、人類が神様に繋がること、愛することは、是が非でも阻止しなければならないので、その器官にダメージを与えるような方法の数々を、悪魔崇拝者を通してせっせと実現させてきたのでしょう。


コロナワクチンは今までのワクチンとは全く違う、どんな作用を起こすか誰もわからない怖いワクチンです。

もちろん、数々の恐ろしい副反応を見て、ワクチンの効果がバッチリだと、しめしめと思っている専門家はいるでしょう。

すぐに副反応が出なくても、全く安心はできませんし、免疫システムがしっかりした人ほど、その影響が大きいでしょう。


ワクチンを接種した人が、他の未接種者へ曝露する(ウィルスを撒き散らす)可能性すらも指摘されています。

こちらから
Image
Image
Image


あまりにも恐ろしいことが進んでいます。

RAPT理論を知って、情報に触れることで、世の中の混乱ぶりから脱してきたわけですが、ワクチン接種が刻一刻と迫っているので、何としても早く創価学会・李家などのイルミナティに滅んでもらわねばなりません。


神様は限りなく人類を愛しておられるのに、人類は気づかず、別のものを求め、挙句に、神様と通じることができないように、ワクチンを打たれている姿をご覧になられて、どれほど、悲しまれていることでしょうか。

どうぞ、皆さんが、「RAPT理論+α」の記事をどんどん読まれて、世の中で起こっている本当のことに気づいて下さいますように。

そして、この状況を変えるためには、RAPTさんにご啓示を下さっている神様におすがりするしかないですから、一人でも多くの方が、有料記事をご覧になって、神様の御言葉をお聞きくださいますよう、お願いします。

RAPT有料記事247(2018年2月3日)愛の根源は主だけであり、主の愛を受けた者しか真実の愛を知ることができない。

RAPT有料記事268(2018年4月16日)主がなぜ私たちを愛し導いてくださっているのか、その深い心情を悟りなさい。

RAPT有料記事380(2019年6月8日)主から与えられたものに心から感謝し、全人生をかけて恩返しする者となりなさい。

RAPT有料記事555(2021年5月1日)世の多くの人々は自分が理解できないものを最初から否定する。そして主は、そんな人たちに無理やりご自身を信じるようにと強制しない。理解しようと熱く祈り求める人にのみ、理解できるように答えを与えて導き育ててくださる。

RAPT有料記事560(2021年5月22日)主がどれほど私たちを愛し、どれほど私たち人間の愛を求めているか、その心情を深く悟ってこそ、主は喜んで爆発的な愛を注いでくださる。

朝の祈り会、および有料記事のパスワードのご購入