在日に乗っ取られたテレビは単なる洗脳装置

在外生活の時に、テレビで流れる日本の四季おりおりの美しい風景を見て、とても癒されました。
日本を離れてみると、住んでいた頃には気づかなかったことに色々と気づきました。
治安がいい、街も綺麗、食事も美味しい、人々のマナーもいい。
勤勉で真面目な国民性。ただ、NHK以外の日本のテレビを見ることができなかったので、テレビによる拘束時間が減り、日本では無駄な時間を過ごしてきたなと思い、 いかに、くだらない番組が多いかと実感しました。その後日本に戻り、殆どテレビを見なくなりましたが、まだテレビの害を心底わかっていなかったので、NHKのニュースなどは 信用して見ていました。

かつて、敗戦し地獄に突き落された日本が、復興し経済が急成長していく中で、1950年代後半から登場したテレビは、国民に驚き、楽しみ、 夢や希望を与え、家族の団らんの中心にはテレビがありました。
テレビ局も増え、あらゆるジャンルの番組があり、老若男女が夢中になっていきました。

昭和の家族の風景(こちらから参照)

白黒からカラーへ、ハイビジョン~4Kなど画質も向上し、 お人よしな日本人は何の疑いもなく、相変わらずテレビから垂れ流される楽しげな番組を、見逃してはならぬと、夢中になってきたわけです。今でこそ、インターネットありきで、Youtubeなど様々なコンテンツがありますが、 かつては、テレビ、新聞の力は絶大で、庶民は、見事に、製作側の意図するとおりに誘導されていきました。

そして、テレビ局も国民を洗脳する立場である、と心得ていたことが、TBS名誉会長の発言でわかります。
——————————————————————————- (こちらから転載)————————-
TBS名誉会長 井上弘 語録

・1998年 新人の入社式にて
「テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実」

・2002年 新人の入社式にて
「社会を支配しているのはテレビ。これからは私が日本を支配するわけです」

・2003年 新人の入社式にて
「日本人はバカばかりだから我々テレビ人が指導監督してやっとるんです」

・2010年 新人の入社式にて
「君たちは選ばれた人間だ。君たちは報道によって世の中を動かす側の人間。
 対して一般国民は我々の情報によって動かされる人間だ。
 日本は選ばれた人間である我々によって白にも黒にもなる」

TBS名誉会長井上 弘(いのうえ ひろし、1940年(昭和15年)1月5日 – )は、株式会社東京放送ホールディングス及び株式会社TBSテレビ代表取締役会長。茨城県出身。東京都立両国高等学校
東京大学文学部社会学科卒業。
————————————————————–(転載ここまで)————————-

聞くに堪えない発言です。確かにテレビに溺れ、浮かれているのは愚かなことですが、そう仕向けていったテレビ会社などに言われたくありません。というか、最初から、洗脳装置としてデビューしていただけで、国民はまんまと騙され続けてきたわけです。しかも、こういう発言をする人は、とうてい日本人には思えませんね。

思い起こせば、日本人を卑下する内容が多くありました。働きすぎだとか、住んでる所はウサギ小屋だとか、電車の中が暗いとか、海外旅行のマナーが悪いし、日本人英語だとか、まだまだ沢山あったと思います。幼心に自分の生まれた国に劣等感を感じ、欧米に憧れを抱いていました。

そのうち、たいして魅力的に思えない韓流ブームが起こりました。確かに韓国にハマっているおばさんは多かったでしょうが、そんなに持ち上げるほどでもなく、私は全く興味がわきませんでした。
いったい何だろうと疑問に思ううちに、マスコミは在日が幅をきかせているのだと知りました。

「出世したければ韓国語を習え」 と先輩からアドバイスされるようになった 元TBS社員の告白をご紹介します。

——————————————————————————- (こちらから転載)————————-
(1)1960年代~

採用枠に“無試験の在日枠”が密かに設けられる
テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題
(例えば「朝鮮民主人民共和国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して
朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。
彼等はヤクザまがいの風貌で自宅にまで押しかける始末だった。
抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに設けられる。
総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。
在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に「お願い」をして さらに弱みを握られるなど、素人のような甘い対応で身動きがとれなくなっていく。

(2)1970年代~

政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代
在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が 社内で在日を積極登用。
「日本人社員と在日社員に昇進の差別があってはならない」 などと理想論を述べたのは良かったが 結果を見れば昇進差別をしなかったのは甘い、課長、部長と昇進した在日社員は 帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。
異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。

(3)1980年代~90年代

在日朝鮮人:筑紫哲也のニュース23時代の到来
昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など 決定的なポストを占める。
某サヨク週刊誌の在日の朝鮮人編集長(筑紫哲也)をキャスターに迎えたニュース23の番組が 学生時代に学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により高い視聴率を得る。
1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を「消費税反対キャンペーン」 で徹底的に援護。
宇野総理のスキャンダルを連日報道し社会党在日朝鮮人党首を徹底して 「おたかさん」と呼ぶなど
あからさまな社会党支持。 社会党が地すべり的な勝利。「山が動いた」と感動の報道。

(4)1990年代~2000年代

完全に在日朝鮮人の資金による在日朝鮮人の経営企業となる
偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供するなど、 報道機関として
存在を否定されかねない不祥事が続発。
TBSと同様に「左翼的」と呼ばれる朝日新聞、系列のテレビ朝日が、 どちらかといえば「北京の意」 を汲んだ報道が多く、その手法が良くも悪くも緻密で計算高い のに対して、ウチの場合 この時期に発生した数多くのトラブルは、ほとんどすべてが 朝鮮半島絡み。
不祥事の内容も、テロを実行した朝鮮カルトの手伝いをしたオウム事件を筆頭に 粗雑で行き当たりばったり。
バブル崩壊以降の景気低迷で、ただでさえ厳しい広告収入が、 「サラ金」と「パチンコ」に 大きく依存。まさに、在日朝鮮人の資金で在日朝鮮人が 運営しているのがウチの放送局。
2005年以降は、もっと露骨なカタチで在日のスターを「作り上げる」ような番組制作が 為されると思う。
————————————————————–(転載ここまで)———————————-

まさに、この告白どおりのことが起こってきました。そして、日本人に自信を失わせるような報道、偏った報道、韓流ブームのごり押し、、、そう仕向けてきた正体がわかり、長年の謎がとけたのです。

更に、日本のマスコミと韓国のマスコミの住所が殆ど同じだという驚きの事実も判明し、在日により、日本のマスコミが支配されていたのだとようやく目が覚めた次第です。

———————————————————–(こちら から転載)———————
『日本の新聞社』 と 『海外の新聞社 日本支局』

■朝日新聞 東京本社
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
■東亜日報 (大韓民国の日刊新聞)
〒104-0045 東京都中央区築地5-3-2
■ニューヨーク・タイムズ東京支局
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
*提携関係にある海外メディア
人民日報 (中国)

■読売新聞社 東京本社
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
■韓国日報  (大韓民国の日刊新聞)
〒100-0004東京都千代田区大手町1-7-1 8F
*提携関係にある海外メディア
ウォールストリート・ジャーナル (アメリカ)
人民日報、文匯報、中国新聞社 (中国)

■毎日新聞 東京本社
〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
■朝鮮日報   (大韓民国の日刊新聞)
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1 4F
*受託関係のある日本メディア
聖教新聞 (創価学会)の印刷を50年間受託

■日本経済新聞社
〒100-8066 東京都千代田区大手町 1-3-7 日経ビル
特になし

■中日新聞 東京本社
〒100-8505  東京都千代田区内幸町 2-1-4
■中央日報  (大韓民国の日刊新聞)
東京都千代田区千代田区内幸町2-2-1 8F
*住所は、全く同じではない

■共同通信会館  (株主 共同通信社)
東京都港区虎ノ門 2-2-5
■聯合ニュース  (大韓民国の新聞社)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 9F

■産経新聞社
〒100-8077 東京都千代田区大手町1-7-2
■京郷新聞  (大韓民国の新聞社)
〒100-0004 千代田区大手町1-7-2

『日本のテレビ局』 と 『海外のテレビ局 日本支局』

■NHK
〒150-8001 東京都渋谷区神南 2-2-1
■中国中央電視台 (中国の国営テレビ局)
東京都渋谷区神南 2-2-1 NHK放送センター内
■韓国放送公社 (KBS)  (大韓民国のテレビ局)
〒150-0041 東京都渋谷区神南2-2-1  NHK東館710-C

■フジテレビ本社
〒137-8088 東京都港区台場2-4-8
■韓国文化放送 (MBC)  (大韓民国のテレビ局)
〒135-0091 東京都港区台場2-4-8 18F

■日本テレビ四番町ビル   *ビルの名前
東京都千代田区四番町5-6
■ソウル放送(SBS)  (大韓民国のテレビ局)
〒102-0081 東京都千代田区四番町5-6 4F

■TBS
〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-6 TBS放送センター
■韓国聯合TVNEWS(YTN)   (大韓民国のテレビ局)
〒105-0000 東京都港区赤坂5-3-6

■日本テレビ放送網  (日テレ)
〒105-7444 東京都港区東新橋1-6-1
■韓国SBS  (大韓民国のテレビ局)
〒105-7444 東京都港区東新橋1-6-1 日テレタワー20F
————————————————————(転載ここまで)—————————

こんなことになっているとも知らずに、子供の頃から沢山テレビを見て、長い間洗脳されてきたわけです。図々しい在日は、差別だと逆手にとり、人のいい日本人のところに厚かましく乗り込み、乗っ取っていきました。

それでも、楽しい娯楽だから、いいじゃないか、と思われますか?
一見、ただ単なる楽しい番組でも、知らずに危険な思想や間違った歴史など、隠された意図が沢山潜んでいます。

あ~恐ろしや。
まずはテレビは消しましょう。特にこの時代、テレビがなくても、なんら日常生活に困ることはありません。

長年テレビを見続けてきた高齢者は哀れです。それでも、気づくことのできる若い世代から変わっていかないと、私達はいつまでも彼らの手の中で踊らされ続けます。

しかし、日本を、日本人を貶めようとするのは、何もテレビだけではありません。在日による汚染は至るところに及んでいるのです。


こちらのRAPT氏の記事もどうぞご覧になって下さい。
人生を駄目にしたくなければテレビは見るな。テレビに関わるな。
クールジャパンの正体。やはりそれはユダヤ金融資本のための儲け話だった。